」とか「今度のスカイラインは凄い!

日産スカイラインが、1957年の誕生から60周年を迎えました。現役国産最古参のトヨタクラウンが2年早いだけですから、スカイラインは日本自動車史に2番目に長い歴史を刻んできたことになります。当初スカイラインは、「プリンス・スカイライン」として誕生。

今のスカイラインはスカイラインではない。…というコメントをお待ちしております。GT-Rがスカイラインの名を捨てた時点で「スカイラインの時代」は終わった。
スカイラインは34で終わりその後のスカは全く別物現行モデルはスカイラインというより、フーガ・スポーツ。スカイラインは、V35からローレルが名称を変更した車です。事実上、スカイラインは消滅しました。
スカイライン、スカイラインGTR、GTRは全く別の車です。スカイラインの歴史はR34で終わりました。今は愛されてませんタクシー、パトカー、クーペも無い残っているのは名前だけ。直6、丸テールランプのこだわりが。
R32のGTRは4百万円代で買えました。ただのGTなら2百円万前半でした。今のスカイラインは若者達には高価で手に入りません。このまえコメント出した日産の女性幹部はスカイラインと言う車を理解していない。スカイラインはどこへ行ってしまうのか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする