サッカー界に蔓延する人種差別がなくなる日は、果たして訪れるのだろうか。

 ペスカーラの元ガーナ代表MFサリー・ムンタリは、30日の敵地カリアリ戦(0-1)の最中に人種差別的な野次を受けたことを訴えたが、主審に認められずに警告を受けた。試合終了間際には自らピッチを去ったことで2度目の警告を受けて、退場処分となっていた。

黒人だけやないし…被害者より加害者に制裁を。調子のっててもしょせん今のヨーロッパなんて白人以外の国、人間いなけりゃ破滅するのにな。いつまでもヨーロッパが先走ってると思ってるんだ?‥‥‥‥‥‥‥‥
イタリア人はマジで日常レベルで黒人を嫌うよ。セリエAは廃止でいいセリエAはイタリア人だけでやって欲しい。そしてナショナルチームのレベルが下がればいい。レイシストって何気ない日常でも気になっちゃう事が多くて生きづらそうだよね。いつ絶滅するの?
フランスやイタリアのようなラテン圏はこういうのが目立つわな…これは、ひどい…。ユーベとかが率先して発言すれば、少しは状況変わるかも。しかし、この決断はいただけない。黒人のダイナミックなプレー好きなんだけどな〜。あれを生で観戦できるだけ幸せだと思えないのかね。
本人が言ってたけど中村俊輔なんてセリエA当時自分のチームの監督から差別されてたからね・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする