同賞は監督・俳優・著者など幅広いジャンルで活躍した故・伊丹十三さんの偉業を記念して制定。

 俳優、歌手、文筆業など多岐にわたって活躍する星野源が17日、都内で行われた『第9回伊丹十三賞』の授賞式に参加。さまざまな分野で才能を発揮している星野だが、葛藤があったことを明かし、伊丹十三さんが解消のきっかけとなったことを振り返った。

凄いよね〜人の3倍、努力してるって事でしょ?自分なんて一個の事でいっぱいいっぱいだわ〜源さん、おめでとうございます。
マルチにやるって好きなことをやっていくってそれ相応の努力や辛抱があって今に繋がっているんだと思うし、『気がつく』ことに長けてないと、こういう人にはなれないんだと思う。あーだめだ、ここまでだ。って諦めてる人の方が多くて、好きなことをやるって実は凄く難しいことだと思う。源ちゃんが、こういう賞を貰えたのは一時のブームとかではなく、今までの努力が形と認められた証拠なんじゃないかと思うと、ほんとうに良かったと思います。おめでとう~♬*゜本当にご無理なさらぬように…。日本人は、自分の狭い想像からはみ出した人をとことん叩く癖があるからね。気にしないで好きなことやって、結果としていろんなことでみんなを楽しませてくれたらいいと思います。
何度読んでも受賞理由が格好良すぎるわ~それを受けての源さんのコメントも素敵だ…。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする